Welcome Guest 
ログイン
ユーザID:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メニュー
  
現: 2018-12-03 (月) 11:52:04 arakawa ソース
Line 1: Line 1:
 +'''ペルジピン注射液 ニカルジピン塩酸塩 投与法'''
 +高血圧緊急症に原液で投与を行うと、31.6%の人に血管炎が現れたデータがあるため希釈投与を記載している。
 +添付文書より濃いと血管炎のリスクが上がると考えられる。
 +効能効果:手術時の異常高血圧の救急処置においては本剤をそのまま投与との記載が添付文書上にあるため、
 +製剤として原液投与が不可能なわけではない。
 +
 +アステラス製薬メディカルインフォメーションセンターより
  

  • ペルジピン注射液は高血圧緊急症では希釈(0.1〜0.2mg/mL)が必要だが、それ以上の濃度で投与可能か? のバックアップ差分(No. All)
    • 現: 2018-12-03 (月) 11:52:04 arakawa

    トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom