Welcome Guest 
ログイン
ユーザID:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メニュー

授乳婦 安全性 参考文献 アメリカ小児科学会

精神神経系に作用する薬剤は、乳汁中への移行量は少ないものが多いが、半減期が長いものもあり、乳児の血中に検出される事がある。児は代謝能力が低いので、半減期の長い薬剤は蓄積される懸念がある。
AAP分類の説明→→(授乳婦に対する薬剤の安全性について参考となる文献は? )

一般名(代表的な商品名)→報告された、または可能性のある影響

抗不安薬
アルプラゾラム(コンスタン、ソラナックス)→なし
クアゼパム(ドラール)→なし
ジアゼパム(ホリゾン、セルシン)→なし
プラゼパム(セダプラン)→なし
ペルフェナジン(ピーゼットシー)→なし
ミタゾラム(ドルミカム)→ −
ロラゼパム(ワイパックス)→なし
Temazepam(日本未発売)→ −
抗うつ剤
アミトリプチリン(トリプタノール)→なし
アモキサピン(アモキサン)→なし
Bupropion(日本未発売)→なし
イミプラミン(トフラニール)→なし
クロミプラミン(アナフラニール)→なし
セルトラリン(ジェイゾロフト)→なし
トラゾドン(デジレル、レスリン)→なし
Dothiepin(日本未発売)→なし
Doxepin(日本未発売)→なし
Fluoxetine(日本未発売)→腹痛、易刺激性、哺乳・睡眠障害、体重増加の遅れ
ノルトリプチリン(ノリトレン)→なし
パロキセチン(パキシル)→なし
フルボキサミン(デプロメール、ルボックス)→ −
抗精神病薬
クロルプロマジン(コントミン、ウインタミン)→母親の乳汁漏出、乳児の傾眠嗜眠、発達遅滞
Chlorprothixene(日本未発売)→なし
Clozapine(日本未発売)→なし
トリフロペラジン(トリフロペラジン)→なし
Mesoridazine(日本未発売)→なし
ハロペリドール(セレネース)→発達遅滞
その他
アミオダロン(アンカロン)→可能性:甲状腺機能低下
クロファジミン(ランプレン)→可能性:母乳中へ高率に移行、皮膚色素沈着
クロラムフェニコール(クロロマイセチン)→可能性:骨髄抑制
Lamotrigine(日本未発売)→可能性:乳児の血中濃度が治療域
チニダゾール(ハイシジン)(ハイシジン)→メトロニダゾール参照
メトクロプラミド(プリンペラン)→なし
メトロニダゾール(フラジール)→In vitro突然変異原

参考文献
American Academy of Pediatrics Committee on Drugs.The Transfer of Drugs and Other Chemicals Into Human Milk.Pediatrics108(3):776-789,2001.
中島研:授乳と薬.医薬ジャーナル,43,2889-2894(2007)


Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 3479, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2009-01-10 (Sat) 11:01:15 (JST) (5075d) by arakawa