Welcome Guest 
ログイン
ユーザID:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メニュー

国際共同研究の結果では、各抗てんかん薬と奇形発現頻度については、単剤投与でプリミドン14.3%、バルプロ酸ナトリウム11.1%、フェニトイン9.1%、カルバマゼピン5.7%、フェノバルビタール5.1%であった。

バルプロ酸ナトリウムは投与量、血中濃度に依存して奇形発現率が増加するため、投与量は1000mg/日以下、血中濃度は70μg/mL以下とすることが望ましい。

Kaneko S,Battino D,Andermann E,et al: Congenitial malformati-ons due to antiepileptic drugs.Epilepsy Res,33:145-158,1999


Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 4791, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2010-01-05 (Tue) 14:16:11 (JST) (3840d) by arakawa