Welcome Guest 
ログイン
ユーザID:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メニュー

ロゼレム錠 ラメルテオン 粉砕可否
 原薬であるラメルテオンは、光に対して不安定であることから、ロゼレム錠はフィルムコーティーング剤となっている。
 ラメルテオンは、長期保存試験(25℃/60%RH/暗所、36ヶ月)、加速試験(40℃/75%RH/暗所、6ヶ月)において経時的な変化は認められず、安定であったが、苛酷試験(光)において、類縁物質の増加と、ラメルテオンのわずかな減少がみられている(試験期間不明)。
 以上を踏まえると、ロゼレム錠は粉砕可能と考えられるが、粉砕後の薬剤は、遮光すべきである。

武田薬品


Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 7666, today: 2, yesterday: 3
Last-modified: 2010-12-08 (Wed) 10:54:30 (JST) (1474d) by arakawa