Welcome Guest 
ログイン
ユーザID:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メニュー

レボフロキサシン 粉砕可否 経管投与

簡易懸濁時の崩壊試験。
レボフロキサシン1錠を、55℃、20mLの水に入れ、スパーテルで撹拌し10分間静置したとき、固形物が残存。
レボフロキサシン1錠を半分に分割し、55℃、20mLの水に入れ、スパーテルで撹拌し10分間静置したとき、固形物が残存。
レボフロキサシン1錠を4回以上乳房で粉砕し、55℃、20mLの水に入れ、スパーテルで撹拌し10分間静置したとき、懸濁。

経管投与時にチューブにつまるかどうか確認試験。
チューブ8Fl使用、レボフロキサシン1錠4回以上乳房で粉砕し、55℃、20mLの水に入れ、スパーテルで撹拌し10分間静置し、懸濁したものを使用。
5分間、10分間注入で、チューブのつまり無し。

安定性について。
55℃で10分間懸濁時、含量99.8%が2時間後97.8%。

上記の結果を踏まえ、病院様で判断し、経管投与を実施して下さいとのこと。

第一三共エスファ


Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 3388, today: 2, yesterday: 3
Last-modified: 2018-03-26 (Mon) 11:22:38 (JST) (396d) by arakawa