Welcome Guest 
ログイン
ユーザID:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メニュー
これらのキーワードがハイライトされています:

脳の適応で用いる場合、プラビックス+アスピリンでは併用の方が効果が良いが、出血のリスクが高まる。特に頭蓋内出血が問題となる。プラビックス単独とアスピリン81〜100mg単独の場合では、プラビックスの方が効果が良くアスピリンより副作用の発現率が低い。以上の事から考えると、併用は意味がなく、プラビックス単独で充分であると会社は考えている。心臓の適応で用いる場合は、出血のリスクはあるが、ステントが入っているため血栓が出来易く発作率が高いので、併用した方が良い。データも全てアスピリンと併用した場合のデータであるので、併用が一般的。
イコサペント酸エチル(EPA製剤:エパデールS)との併用データはないが、施設によって医師の工夫でなされている例は報告されている。よって、医師の判断に任せる。
サノフィ・アベンティス学術より


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 9205, today: 2, yesterday: 4
最終更新: 2008-07-14 (月) 16:12:15 (JST) (3069d) by arakawa