Welcome Guest 
ログイン
ユーザID:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メニュー

ストロメクトール イベルメクチン 投与方法 保険査定

通常、疥癬で使用する場合は1回経口投与となっているが、服用1週間後の顕微鏡検査にて、ヒゼンダニの虫体もしくは卵を検出した場合は、再投与出来る。海外では2週間後となっているが、卵に感受性がない事、孵化する期間とを考案すると、1週間後に再投与するのが有効であると考えられる。ただし、2回以上使用した場合の保険査定に関しては、否定はできない。

疥癬診療ガイドライン、マルホ学術より


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 1404, today: 1, yesterday: 2
最終更新: 2008-11-22 (土) 08:54:56 (JST) (2939d) by arakawa