Welcome Guest 
ログイン
ユーザID:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メニュー

ガバペン錠 ガバペンチン 粉砕可否
 
?40℃75%RH開放?40℃75%RH閉鎖?室内散乱光下?室内遮光下の条件で
粉砕90日後のガバペンチン残存率はそれぞれ

?101.00±1.50%?100.56±1.43%?102.59±0.83%?103.31±1.85%であった。
??の条件で90日までは外観上、色の変化、湿潤みられず。
?の条件で保存した場合は粉砕7日後より凝集・固化がみられたが吸湿増量は0.396±0.09%だった。
フィルムコーティングは苦味のためで徐放のためではない。
粉砕後の体内動態のデータはないとのこと。

ちなみにガバペン錠は懸濁しないため、簡易懸濁法には不向きです。当院では粉砕にて調剤しています。


Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 8858, today: 6, yesterday: 18
Last-modified: 2020-02-25 (Tue) 10:23:48 (JST) (40d) by arakawa